ダイエットを成功させるにはマインドを整理する必要があるかもしれません。なぜかと言うとパーソナルトレーニングの意味を間違えて捉えている方がいるかもしれません。

今回はパーソナルトレーニングを意味あるものにする為に必要な考え方(マインド)を説明します。

パーソナルトレーニングを意味のあるものにする考え方

まずは結論です。

  • 大前提は【自分】がやり切る
  • トレーナーは塾の先生と同じ
  • パーソナルトレーニングは強制力を持たせてくれるツール
  • トレーニングの意味を理解する
  • 機械的に努力する時も大事

これらがパーソナルトレーニングを意味あるものにする考え方です。意味がわからないと思っていてもひとまず立ち止まって読んでください。なぜかと言うとパーソナルトレーニングのトレーナーをやってきた経験から導き出された信頼性のある結論です。

こひとつずつ掘り下げて意味を説明していきます。

大前提は【自分】がやり切る

パーソナルトレーニングに行けば痩せると思われている方がある一定数いらっしゃいます。パーソナルトレーニングに来ているだけで満足してしまう方です。

本をたくさん買って本棚にしまっておいても意味がないのです。本を買って「読む」そして「自分の知恵に変換する」ことで本を買った意味が生まれるのです。

パーソナルトレーニングの意味も同じです。パーソナルトレーニングに入会したから痩せるのではなくて、パーソナルでトレーニングを頑張ることで意味あるパーソナルトレーニングになるのです。

トレーナーが何年もかけて培ってきた知恵をたった数日のパーソナルであなたが吸収できることに意味があるのです。吸収した知恵を実践することに意味があるのです。

パーソナルトレーニングは入会するだけでは意味がなく、あなたがトレーニングを【やる】ことに意味があるのです。あなたがパーソナルで【ダイエットをやり切れる環境】を提供してくれていることにパーソナルトレーニングの意味があるのです。

トレーナーは塾の先生と同じ

トレーナーは塾の先生と同じです。どう言う意味かと言うと、あくまでもあなたの夢を叶えるお手伝いをすることしかできないと言うことです。

塾の先生がめちゃくちゃ勉強してもあなたの成績が上がらないように、トレーナーがいくらダイエットに励んでもあなたの体重は落ちません。

しかし、あなたのダイエットを加速させてくれるのがトレーナーです。ダイエットを加速させてパーソナルトレーニングを意味あるものにしましょう。

パーソナルトレーニングは強制力を持たせてくれるツール

パーソナルトレーニングは強制的に行動させてくれるツールです。

トレーニング代金を払う、パーソナルの予約を取る、トレーナーと食事の約束をする、ダイエットする意味を考える、太っているデメリットをパーソナルトレーニング中に考えることであなたのダイエットに緩やかだけど、しかし強力な強制力が生まれます。

強制的にトレーニング(行動)ができるようになるツールであるパーソナルトレーニング。頭でトレーニング重要性の意味を理解していてもなかなか行動できない!そんなあなたにとってパーソナルトレーニングを受ける意味は大いにあるのではないでしょうか?

トレーニングの意味を理解する

パーソナルトレーニングでトレーニングの意味を理解することを目指しましょう。

「ダイエットにはこのトレーニング」と型に当てはめるのではなく、筋肉の形や関節の構造、トレーニングの意味を少しずつ理解し、実践の生きた知恵にすることがパーソナルトレーニングでは可能です。

なぜかというとトレーナーがマンツーマンで指導してくれるからです。

ただトレーナーに言われたトレーニングをこなすだけにならないよう、「なぜこのトレーニングをやるんだろう」「お尻の筋肉はどんな形なのだろう」「なぜ腰が痛むのだろう」とパーソナルトレーニングの意味を考えたり積極的に質問しながら知識をアップデートしましょう。

パーソナルはトレーニングの意味を理解しようと好奇心を持ちながら取り組むとより一層、意味のある有意義な時間になるでしょう。

機械的にパーソナルに取り組むことも大事

パーソナルトレーニングは知識を得るものと理解していただけたと思いますが、一番重要なことは「実践」することであり「行動」することです。

パーソナルの意味やトレーニングの意味を「知る」ことは重要ですが、それを実践することの方が大切です。ですのでトレーナーに言われたことを無心で取り組むことも大切なのです。

パーソナルトレーニングの意味ばかり求めて実践できない頭でっかちにならないように行動が一番重要!頭の隅っこに入れておいてくださいね。