ケトジェニックの食事方法でダイエットすることであなたのダイエットは必ず成功します。

  • 空腹感があまりでない
  • 体調不良にならない
  • エネルギー不足にならない
  • 貧血にならない
  • 低血圧にならない
  • 冷え性にならない
  • 肌がカサカサにならない
  • やる気が落ちない
  • ダイエットが苦痛にならない
  • 食後眠くならない
  • イライラしない
  • 仕事の集中力が落ちない

ケトジェニックダイエットの食事方法であれば今までのダイエットとは真逆のことが起こります。空腹感が出ない、エネルギー不足にならない、イライラしないなどです。

今までの「脂の摂取量を減らす」ダイエット方法ではありえないことが起こるのです。あなたもケトジェニックダイエットの食事方法を知ることで簡単に実践できるようになります。簡単に実践できると言うことは簡単にダイエットが成功すると言うことです。

だは早速、誰でも簡単に実践できるケトジェニックダイエットの食事方法を説明していきます。

なぜケトジェニックダイエットは痩せるのか

ケトジェニックダイエットはタンパク質と脂質をたくさん食べることで痩せる食事方法です。脂質をたくさん取るのになぜ痩せるのかと言うと糖質を摂らないことで「インスリン(別名:肥満ホルモン)」が分泌されないからです。

インスリンが分泌されないと食べ物から摂取した栄養が体脂肪に変わることが極めて少なくなるのです。

糖質は食後30分から2時間で血糖値がドカンと上がります。そして急激に下降してします。血糖値が下降するタイミングで肥満ホルモンであるインスリンが大量に分泌されますので、このタイミングで食べ物から得た栄養が体脂肪に変換されます。

その点、脂肪のグラフは一切上昇していません。グラフが上昇しないと言うことはインスリンが分泌されないと言うことです。糖質を抑えて、脂肪をたくさん摂る食事方法は科学的に見ても正しい食事方法と言えます。

ケトジェニックダイエットの具体的なやり方

  • タンパク質の食品を一食に約20g
  • 野菜とキノコを両手に大盛り
  • 良質なをしっかりとる
  • 腹8分目

たったこれだけです。具体的な食事例を5つ紹介していきます。

例1

朝食:コーヒーにバターとMCTオイルを混ぜたもの
昼食:チキン100gと野菜の炒め物
夜:野菜たっぷり鍋

例2

朝食:プレーンヨーグルトにMCTオイル
昼食:コンビニのチキン
夜:焼肉

例3

朝食:プロテインにMCTオイル
昼食:ゆで卵3個とサラダ
夜:お刺身盛り合わせと赤だし

例4

朝食:ツナ缶のオムレツ
昼食:焼肉定食のご飯なしの肉増量
夜:まぐろとアボガドの和え物、野菜とキノコたっぷり味噌汁

例5

朝食:紅茶にMCTオイル
昼食:糖質ゼロのプロテインバーとコンビニのスナックチキン
夜:野菜とキノコと豚肉たっぷりの豚汁

パーソナルトレーニングでケトジェニックダイエットをオススメするには訳があります。なぜかと言うと簡単で料理に時間がかからないからです。自炊しない方からすると手の込んだ料理を作ることは本当に苦痛ですよね?

ケトジェニックダイエットなら大丈夫です。簡単ですぐにできるものばかりです。

「私は料理にこだわりたいの!」と言う方もご安心ください。高タンパク高脂質、低糖質な食事はこだわろうと思えばどこまでもこだわることができます。低糖質な調味料やそれにあう食べ合わせなど、、、

料理にこだわりがある方にもオススメのダイエット方法がケトジェニックダイエットです。

またパーソナルトレーニングでダイエットの結果を出すにはタンパク質と脂質の質(quality)にこだわる必要があります。脂質の質を見極める方法はこちらの記事から⬇︎

加工食品は劣化した脂質が含まれています。お時間がある方は加工食品のことを少し詳しく知っておく方がいいでしょう。過去記事はコチラ⬇︎

ケトジェニックダイエットは糖質をなるべくゼロに近づける食事方法です。どの食材が糖質が高いのかわからない!と言う方に向けて具体的にタンパク質と脂質を摂れる食材をリストアップした記事をお読みください。この記事を読むことで何を食べるべきなのかを知ることができます。ケトジェニックダイエットで一番起こりやすい勘違いは食べられる食材が少ないと思い込むことです。

視覚で確認してください。ケトジェニックダイエットはダイエット中の食事で一番多くの食材を食べられる唯一の方法です。まとめた記事はコチラから⬇︎