スタイルの良い水着の女性

パーソナルトレーニングでリバウンドを防ぐためにダイエットを正しく理解する

パーソナルトレーニングはリバウンドを防げます。なぜならダイエットを正しく理解できるからです。ダイエット正しく理解できていないとリバウンドしてしまうのです。

例えば、ご飯を作ろうとしたとき、砂糖、塩、酢、酒、味噌の基本の味と掛け合わせるとどうなるかを正しく理解していないと、自分で作る料理は絶対うまく行きません。毎回レシピ本を見て料理をしなくてはいけません。

ダイエットも同じでカロリーだけ落とす方法や、簡単に断食してしまう方法ばかりで代謝が落ちる方法ばかりに取り組み、健康に痩せるダイエット(栄養・運動・ホルモン・自律神経)を理解することでレシピ(パーソナルトレーナー)の頼ることなく料理(ダイエット)ができるようになるのでレシピがなくても美味しい料理の再現(リバウンドしなくなる)ができるようになるのです。

リバウンドする原因は

  • ホルモンの乱れ
  • 自律神経の乱れ
  • 運動不足(筋力不足)
  • 生活リズムの乱れ

以上の3点が原因です。

リバウンドはホルモンが乱れるから

ダイエット食

満腹になったと感じるにはホルモンが適切に働く必要があります。なのでホルモンバランスが乱れると満腹にならず、リバウンドを起こすのです。

ホルモンが乱れる原因は栄養不良と運動不足です。なぜ栄養不足でホルモンが乱れるのかというと、そもそもホルモンとは脂からできています。ホルモンの材料である脂が不足することでホルモンがうまく作られないようになりホルモンバランスがくずれます。

例えば、食事をしていて、もう食べられない!と満腹感を感じさせてくれるホルモンは「レプチン」と呼ばれます。これらのホルモンが適切なタイミングで適切な量分泌されつ事によって食事はこれくらいにしておこう!とおもいお箸を置くわけです。

いくら食べても満腹感がない、いつまでも食べ続けられるという方は満腹を感じるホルモン「レプチン」の分泌が少なくなっている可能性が高いです。

レプチンの分泌が少なくなっている方の食事例

  • 朝:ヨーグルト、シリアル
  • 昼:カップスープorはるさめヌードル、サラダチキン
  • 夜:炭水化物を控えたサラダ中心のご飯

ほんの一例ですがこのような食事の方にホルモンバランスが崩れている方が多いです。

なぜかといえばホルモンが乱れるような食事を食べているからです。ホルモンを乱すような食事とは

  • 血糖値が上がりやすい食品を選んでいる
  • 加工食品
  • 脂質が足りていない

このような理由でホルモンバランスが乱れます。ホルモンが乱れないようにするのは血糖値が上がりにくい食品を食べる、加工食品は食べない、脂質を十分取ることです。正しいダイエットの知識を実践できる知恵に変えることであなたはりばうんどしなくなるのです。パーソナルトレーニングでダイエットを正しく理解できるのであなたはリバウンドをしなくなるのです。

リバウンドは自律神経の乱れから

パーソナルトレーナーの話を聞く女性

自律神経が乱れるとリバウンドします。

なぜかと言うと交感神経がうまく働くと代謝が上がりうまく脂肪からエネルギーを作ることができますが自立神経が乱れると代謝がうまく働きません。

自律神経の副交感神経がうまく働くと内臓の働きが活発になるので体の回復が進みます。自律神経が乱れると内蔵がうまく働かないので消化吸収がうまく進みません。そうなると内臓の中にいつまでも食べたものがのこり、内蔵疲労につながり、消化のために多くの血液内臓に送られるため体の隅々まで栄養が回らなくなり手足が冷えたり、睡眠の質が低下したりします。

ですので自立神経を整えることは非常に重要です。自律神経をと整えるポイントを紹介します。

生活リズムを整える

生活のリズムを整えるとは

  • 寝る時間を一定にする
  • 起きる時間を一定にする

などです。体にはリズムがありルーティンがあります。毎日の習慣をこなすことは体にとってストレスになりにくいです。なぜなら、ルーティンをこなす準備ができているからです。

例えば、いつも同じ友達とご飯を食べるのは楽しくてストレスがありません。なぜかというといつものメンツで知り合いばかりだからです。はじめましての挨拶も要らなければ無駄に気を使う必要もありません。いつものメンツだからです。

たまに違うメンバーと昼ごはんを食べないといけないとなった場合はどうでしょう?結構なストレスを感じませんか?「はじめまして、わたしはこんな人です、あなたはどんな人ですか?」と、気を使い続けないといけないからです。

睡眠時間と起床時間はあなたの体にとってはルーティンなのです。なので平日と休日の就寝時間と起床時間に大きな変化があると体はストレスを感じます。あなたが「よく寝れた!」と満足していても、あなたの細胞はストレスを溜め込んでしまうのです。その積み重ねで自律神経が乱れます。乱れた自律神経は代謝を悪くさせ、睡眠の質を悪くしてしまいます。

  • 寝る時間を一定にする
  • 起きる時間を一定にする

どうしても、仕事の都合で寝る時間が不規則になってしまう方は起床時間だけ同じ時間に起きることを心がけてください。必ず自律神経は整います。

自律神経を整えられるパーソナルトレー二ングでダイエットが成功します。

ストレス管理

自律神経を整える為、ストレスを管理できる一番の方法はしっかり睡眠を取ることです。なぜなら睡眠がしっかり取れている人はイライラしにくいということがわかっています。しかし、長く寝ればいい!ということではありません。短時間でも良質な睡眠を取ることでストレスに強くなります。

イライラしやすい日のことを思い出してください。昨日の夜寝れてなかったり、ついつい夜ふかししてしまった次の日は少しのことでイライラしたり、人を許せなかったりしていることが多いです。

例えば学生の時「オール」をしたことがある人はよく分かると思います。一日寝ない「オール」をしたまま次の日学校に行くとめちゃイライラするんです。寝ていない自分が悪いんですが友達のちょっとした言動や先生にイライラしてしまうんです。

いらいらするときって自律神経が乱れているんです。睡眠がしっかり取れて自律神経が整っているときはそれほど腹が立ちません。ですので室の良い睡眠を取ることで自律神経を整えます。

ストレスを管理するために質の良い睡眠を取るには寝る前のストレッチが有効です。股関節のストレッチを寝る前に10分するだけで寝起きが劇的に変わります!

パーソナルトレーニング

パーソナルトレーニングで筋トレをすることで

  • ストレス解消
  • 体力がつく

このような理由から自律神経が強くなります。強くなった自律神経はちょっとやそっとのことでは乱れることはありません。ですのでちょっとした運動を継続して行うことはダイエットに必ず必要です。

例えば、パーソナルトレーニングで筋トレ、有酸素運動、無酸素運動、HIITなどを行うことで自律神経が整いますのでおすすめです。

内蔵を休める

内蔵を休めることで自律神経が整います。内蔵を休めるには腹八分目を守ることや、胃腸に何も入れない時間を作ることで内蔵が休まります。

例えばエアコンでも24時間1年中スイッチオンの状態であればすぐに壊れてしまいます。

タマン日掃除して、スイッチを切って休めてあげることで長持ちします。内臓も同じで常に満腹、常に内蔵に何かが入っているので働きっぱなしでは疲れがたまり働きが悪くなってしまいます。内蔵の働くと自律神経はリンクしていますので、元気な内蔵を保つことは、自律神経の状態も良い良いよということになります。

腹八分目、内蔵を空にするタイミングをつくり、内蔵を休めてあげることで自律神経が整います。

リバウンドは運動不足から

パーソナルトレーニングを受ける女性

痩せたら運動はきっぱりやめていい!そんな事はありません。運動を続けないと必ずリバウンドします。

なぜなら本来人間は動く設計のもと作られています。人間は動物です。動物という漢字は「動く物」と書きます。人間は運動することを前提で進化しているのです。

ですので運動をしないということはDNAの遺伝子構造に背くことです。遺伝子レベルの決まりごとに抵抗しても意味がありません。潔く運動を習慣にしてリバウンドしない体を一生かけて手放さないようにしましょう。

あなたなら大丈夫!あなたのダイエットを応援しています。ダイエットを正しく理解することでリバウンドは防げます。