ダイエット食

これでパーソナルトレーニング後のリバウンド無し!食生活改善に役立つ糖質制限食材100選

糖質制限で重要な食材(栄養)といえばタンパク質と脂質です。タンパク質が多く取れる食材と脂質が多くとれる食材を紹介していきます。

まずはタンパク質がたくさん取れる食材から紹介していきます。

*1、食材100gのタンパク質、脂質の量で計算しています。
*2,栄養素(P=タンパク質、F=脂肪)

食材栄養素(g)食材栄養素(g)
イワシP:64
F:6
ぎんだらP:13
F:17
P:18
F:2,3
かますP:19
F:7
うなぎP:17
F:19
いさきP:17
F:6
かつおP:25
F:6
キンメダイP:17
F:9
かんぱちP:21
F:4
キスP:19
F:0,4
きすP:18
F:0,3
ぶりP:21
F:17
いくらP:32
F:15
はもP:22
F:5
いかなごP:29
F:5
さばP:20
F:12
あなごP:17
F:9
さよりP:20
F:1
P:22
F:4
ししゃもP:21
F:8
しめさばP:18
F:25
まぐろP:26
F:1
さんまP:17
F:21
あわびP:12
F:0
かきP:6,6
F:1
ほたてP:13
F:0,5
さざえP:20
F:0,2
サザエP:19
F:0,4
毛がにP:15
F:0
アーモンドP:19
F:53
あさりP:6
F:0,2
マカダミアンナッツP:8
F:76
ぶりP:21
F:17
落花生P:25
F:47
車海老P:21
F:0,5
くるみP:14
F:68
ブラックタイガーP:18
F:0,5
生クリームP:2
F:45
ヤリイカP:17
F:1
牛乳P:3
F:4
するめいかP:18
F:0,5
生乳P:4
F:1
ほやP:5
F:0,5
ヨーグルトP:4
F:3
牛肉(肩)P:13
F:20
ヤギ乳P:3
F:4
牛肉(ばら)P:11
F:50
えごまP:17
F:43
牛肉(もも)P:20
F:20
麻の実P:29
F:27
サーロインステーキP:11
F:50
大豆P:35
F:19
牛肉(ランプ)P:16
F:30
ごまP:19
F:51
レバーP:20
F:4
いりごまP:20
F:54
豚肉(肩)
P:17
F:15
枝豆P:12
F:6
豚肉(ばら)P:15
F:40
オリーブオイルP:0
F:100
豚肉(もも)P:18
F:18
牛脂P:0,2
F:99
ハムP:16
F:13
ココナッツオイルP:0
F:100
鶏肉(もも)
P:16
F:13
無塩バターP:0,5
F:83
鶏肉(むね)P:22
F:2
マヨネーズP:1,5
F:75
鶏肉(ササミ)P:25
F:1
豆乳マヨネーズP:1,5
F:43
鶏肉(手羽)P:17
F:16
有塩バターP:0,6
F:81
鶏肉(レバー)P:19
F:3
ごま油P:0
F:0,6
ゆで卵P:13
F:10
アマニ油P:0
F:100
生卵P:12
F:10
えごま油P:0
F:100
うずらP:12
F:13
豆腐(木綿)
P:6
F:4
烏骨鶏卵P:12
F:13
豆腐(絹)P:5
F:3
卵黄P:17
F:33
ひよこ豆P:9
F:3
卵白P:10
F:0
湯葉P:21
F:13
ゴーダチーズP:25
F:29
焼き豆腐P:8
F:6
ブルーチーズP:18
F:29
油揚げP:23
F:34
カマンベールチーズP:19
F:25
青のりP:30
F:5
モッツァレラチーズP:18
F:20
焼のりP:41
F:4
カッテージチーズP:13
F:4
わかめP:18
F:4
エメンタールチーズP:27
F:33
チェダーチーズP:25
F:33
プロセスチーズP:22
F:26
マスカルポーネチーズP:5
F:28

ここに書いてある食品を基準にして糖質制限を勧めていくと必ず結果が出ます。タンパク質と脂質をしっかり摂取することであなたのだいえっとが成功します。

タンパク質がなぜ必要なのか?

タンパク質はカラダを作る材料です。筋肉、皮膚、靭帯、内蔵、髪の毛などすべてのものはタンパク質でできています。タンパク質が不足するとせっかくパーソナルトレーニングで筋トレをしても筋肉が付きません。なぜかと言うと筋肉の材料となるタンパク質が無いからです。

例えば、家を建てるときに木材や釘が無いのと同じようなことが起こるのです。家の材料である木材や釘がないと、いくら大工さんがいたところで何も仕事が進みません。それと同じでパーソナルトレーニングで筋肉をつけるのは材料となるタンパク質が重要なのです。

脂質がなぜ必要なのか?

体が動くにはエネルギーが必要です。車が動くにはガソリンが必要なのと同じです。カラダのガソリンは脂質か糖質です。糖質制限でダイエットをする場合は脂質のみが体を動かすガソリンになるのです。

ですのでガソリンが足りなくなるとカラダは動かなくなります。

例えば

  • 集中できない
  • 疲れが取れない
  • だるさがとれない
  • イライラする
  • やるきがでない

などが起こります。ガソリンとなる脂質をしっかり取りましょう!脂質が十分カラダにあることで脂肪を落とすための代謝サイクルが回り始めます。脂は太る!そんな思い込みを持っているとなかなか脂肪が落ちてくれません。一度だまされたとおもって脂質をしっかり取りましょう!